teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


クロス

 投稿者:otopon  投稿日:2011年 7月20日(水)15時52分1秒
  >>Game さん

お久しぶりでございます。そしていつもありがとうございます。

プロレスの場合、試合にしてもマイクにしても、リアリティを加味してよりエキサイティングにするために、現実の肉体的な痛みや、現実の心の不満を、ショーの中に取り入れていくということはもう常套手段なんでしょうね。
そういう、現実と虚構がクロスして曖昧になる瞬間を、彼らは観客以上に楽しんでいるように思います。
そう書くと、意図的に「クロス」を作り上げているようですし、もちろんWWEはそのつもりなのでしょうし、件の展開も「クロス」の部分を含めて作られたものでしょう。でも、もしかしたら「クロス」は作らずとも生まれてくるものかもしれません。もともと人間はもっと複雑な生き物で、演技と競技、セリフと本音の境界ははじめから曖昧なのだということなのかもしれません。

CMパンクも、マイクを持ちながら怒っている部分と楽しんでいる部分があったに違いありません。人間の精神はまだら模様なのです。

その点、近頃の一般人(日本人もアメリカ人も)は、たとえれば「心が同じ色に統一されていなければおかしい」というような、妙な強迫観念にとらわれているように思います。だから、本音ではそれほどいいと思っていないことに流れで賛成してみたり、本音から反対とは思っていないことに流れで反対してみたり、どこが悪いのかわからない人なのにみんなで嫌ってみたり、不自然に盛り上がったり、不自然に自粛したりしているように思います。
自分の心の奥底を探ってみるということに、あまりにも怠惰で、ちょっとした心の引っ掛かりを、ペンキで塗りつぶして見えなくしてしまっているように思うのです。本音を入れないセリフだけをしゃべっているという点では、プロレスラーより一般人のほうがよほどひどいですね、それも平和な時代ならいいのですが、今の日本にはちょっと危ういことかもしれません。

話をWWEに戻すと、虚構という領域が否定しがたく存在していることで、時々発露する「本音」が輝くのでしょうね。
>その場の空気だけでブーイングしたり安易な気遣いしない、
>お客さんの素の戸惑い
なんてことだ、アメリカ人のほうがよほど救いがありますね。
日本人なら、嘘ノリを嘘ノリともおもわず、健闘を称える拍手とか安易にやりそうです。それは日本の観客が優しい人々だと言うこともできるんですが、本心を過度に隠してしまう不自由な人々だということでもあります。
 
 

ご無沙汰です。

 投稿者:Game  投稿日:2011年 7月20日(水)08時59分53秒
  運営されているかどうか解りませんが、とりあえず書き込みさせて頂きます(苦笑)。

ここ最近のWWEに関して思う事を何点か取り上げてみたいと思います。

物議を醸し出したCMパンクのWWE(ビンス)批判。しかし、色々あった末にPPV出場...。
パンクがシュート(とされる)発言した週と翌週のビンスが妥協案を
シナに持ちかけたRAWって同日2本撮りだったらしいですね。
あまりにも判断の変更が早過ぎる点から考えるとやっぱりパンクのシュート
っぽい発言自体がシナリオ通りだったんじゃないかな?って思っています。

クリスチャンの5日間天下の世界王座劇ですが、王座を失った試合後に、
絶対的な人気があるランディに声援が送られ、ベビーで苦労の末の栄冠
の後にクリーンフォールで負けたクリスチャンにブーイングでもなく
安易に「グッドマッチ」と言わんばかりの拍手声援が送られる訳でもなく。
どう反応して良いのか解らないという観客の反応に驚きました。

PG化してから、お客さんからの反応もワンパターン化してきてましたが、
その場の空気だけでブーイングしたり安易な気遣いしない、お客さんの
素の戸惑いっていうのが、WWEの番組からブラウン管を通して伝わって
たのには驚きましたね。
パンクの発言よりクリスチャンへの客からの反応のがよっぽどシュートな
感じが伝わってきました。

あと、NXTですが若手の売出しも兼ねてマリースみたいな既存のスーパースターの
キャラ再築やプチプッシュの役割もある番組に見受けられます(笑)。
あの番組で一番得をしたのはマイケル・コールじゃないでしょうか(笑)?
 

今年こそはしっかり観ます

 投稿者:otopon  投稿日:2010年 1月 9日(土)19時56分33秒
  >Gameさん
どうもどうも、
2009年のWWEは断片的にしか観ておらず、PPVはおろかレギュラー番組も全体の10%程度しか観ていないと思います。まったく申し訳ありません。
アイアンマン戦はよかったですね。

2010年は、ちゃんと楽しみたいと思います。とかいいつつ、さっそく金曜の放送を見ていないことに、たった今気付いたり…。
とにかく、来週からしっかり観ます。今後ともよろしくお願いします。
 

WWE 2009

 投稿者:Game  投稿日:2010年 1月 3日(日)00時40分26秒
  謹賀新年。本年も宜しくお願い致します。

2009年度のPPVも全て放映されましたが、やっぱり一番良かったのはWrestlemaniaだった
と思います。
大会全体の進行というかテンポも良かったと思いますし、バンク戦にてヘンリ-の様な
大型選手も取入れヘンリーが梯子を持ちコフィが登っていくといった今までにない消防
隊の出初式バリの動きなど(笑)、新しい試みも大会を通して多数見られたと思います。

あと例年、秋場はグダグダになり傾向が見受けられましたが(苦笑)、Bragging Rights
は面白かったと思います。団体対抗戦は、結果や内容がどうこうというよりも、お祭り
騒ぎ的なニュアンスが大きいと思います。実際にラストのビッグショウの裏切りという
エンディングも衝撃!というよりはウザウザな感のが強かったですし(苦笑)、ファンの
関心が集まればそれでよかったんでしょう。コフィのプッシュやジエリコの道化ぶりなど
、点で見れば興味深いイベントでもあると思いますしね。
あと、点数がポンポンと入っていくマラソンマッチって好きなのでシナ対オートン戦は
お気に入りです。内容も良かったと思いますし私的には今年のベストバウトですかね(笑)。

全体としてはメインの面子はほとんど代わっていないので今年の夏頃からは本格的に
色々な新人に取って替わっていって欲しいものです。最近、ある程度までの新人のプ
ッシュは多いですが、中堅で止まっちゃう人がほとんどなので今までと違う展開を期待
したいところです。
 

やっぱり、マレラでしょう(笑)

 投稿者:otopon  投稿日:2009年 8月29日(土)00時32分6秒
  お久しぶりです。
>というか運営はされているんでしょうか?
んー、自分のサイトに来たのが久しぶりだったりします(汗)。
とりあえず、レッスルマニア25をいつ観るのかというのが現在の課題です。
その前に、サマースラム2009から観ると思います。
今後とも、時々いらしてくださいね。

>DXもメイン商品というよりも企画物の要素が強い
先週と今週のDX復活劇は楽しめましたが、
(とくに、カメラに入らないようにしたとはいえ、子供に蹴りを入れるというストーリーをよくやれたなと思いました)
>「今更...」な感は
まあ、そうですね(汗)。

モリソンとクライムタイム、そしてマレラには今後も大いに期待してします。
クリスチャンも最近いいですね。
デビアスJrとローデスJr弟にはもう少し個性が欲しいところです。この人たちの父ちゃんやら兄ちゃんやらは、とても濃い人たちだったので、歌舞伎役者のように芸風も継承して欲しいなぁと思わなくもないですね。
ワンパターンのラップを歌いながら入ってくる黒人は、未だにどこが良いのかよくわかりません。歌詞も訳詞もサムいんですけど…
 

ご無沙汰です。

 投稿者:Game  投稿日:2009年 8月28日(金)20時35分55秒
編集済
  久しぶりに書き込ませて頂きます(というか運営はされているんでしょうか?)。

スカパーではいよいよサマースラムが来週に控えてますね。まぁシナとオートンが
メインを張るのは新鮮味はないですが、なんだかんだ言っても一番働いているお二
人なので妥当な組み合わせなんでしょうね。
まぁ、DXがメインを張るよりかはいいでしょうしね(笑)。
今となってはDXもメイン商品というよりも企画物の要素が強いですし、ある程度
昔からWWEをみている層からすれば「今更...」な感は否めませんしね(苦笑)。

レガシーやモリソンみたいな本格的な大型新人も沢山いるのでこれから彼らが
本物のスターになっていく過程も楽しみです。
しかし、その中でも名脇役のサンティーノを忘れてはいけません(笑)。ロイヤル
ランブルで1秒くらいで敗退になるのは彼にしか出来ない芸当だったと思います(笑)。
各ホストに付きまとうウザさぶりも立派すぎます(笑)。
 

URL変更のお知らせ

 投稿者:otopon  投稿日:2008年 4月21日(月)16時55分15秒
  長らく使っていたホームページアドレスが、Highway Internetの滅亡により変更になりました。

新しいアドレスは
http://hwbb.gyao.ne.jp/otopon00-pc/wwe/
です。

なお、私のHighwayメールアドレスは今後も以前のまま使用できます。
こちらの掲示板と、TV感想掲示板は、今後も同じURLで続けます。

http://hwbb.gyao.ne.jp/otopon00-pc/wwe/

 

Re:Hall of Fame

 投稿者:otopon  投稿日:2007年 7月25日(水)02時09分52秒
  Gameさん、いつもどうもです。

>No 1役と引き立て役に徹する彼らの真鍮な仕事ぶりは今も変わらないな、
>と思わされました(笑)。
そのへん、どこまでが彼らの意図で、どこまでがホーガンに"もっていかれてしまった"のかわかりませんね(汗)。
ホーガンは、共演者を彼らが望もうと望むまいと、引き立て役に追いやってしまうのがとてもうまいです。そういう意味では、A猪木の真の後継者はホーガンだったのかもしれません、もちろん悪い意味で(汗)。ガニアやNボックウィンクルを手本にしていたらあんなレスラーにはならなかったでしょう。

>2006年のブレット
「心配しないでくれ」といわれると心配してしまいます(笑)。

>ローデスは
>アスリートというよりもエンターテイナー色の強い人
そうですね。
そのローデスが、現役時代を振り返って、「最も強敵だったのはレイス。最も闘うのが楽しかったのはフレアーだ」と発言していました。
実際試合を観ると、ローデスのエンターティナー振りをより引き出していたのはフレアーのほうですね。

>オースチンもエンターテイナー型だったザ・ロックも
>彼のものをを部分的に最新版にアップデイトさせたのでは?
なるほど、思ってもみませんでしたが、言われてみると確かにそうですね。
オースチンはWCW時代ローデスを上司に持っていたし、ロックはフロリダ出身ということになっているので、影響は受けているでしょうね。
 

Hall of Fame

 投稿者:Game  投稿日:2007年 7月21日(土)13時58分13秒
  Hall of fame 2007を見ました。

2004年に再開されたこの式ではベンチュラ、ホーガン、ブレット、ローデスとエゴエゴしい人がとりを飾ってますね(苦笑)。
毎年、年代と顔ぶれにバラエティを持たすのに一苦労している人選だなと思わされもしてます(苦笑)。

2005年の式でホーガンが大歓声を受ける展開に持って行き、前半にスピーチしお客さんを暖めておいた、嫌われ外国人役だったシークやボルコフ、引き立て役に徹してたパイパー、オートンJr、オンドーフらが画面にほとんど映らない後部席でもホーガンへ拍手していた姿。顔ぶれ的にもホーガン全盛期のWrestlemania 1を意識したメンバーで、No 1役と引き立て役に徹する彼らの真鍮な仕事ぶりは今も変わらないな、と思わされました(笑)。

2006年のブレット、引退した今となっては当の本人にとってモントリオール事件を引っ張る事がファンに一番インパクトを残しておく事が出来るんでしょうが、経済的な理由か何か解りませんが出てきましたね(苦笑)。翌日のWrestkemania に顔を見せなかったことも含めて自分の価値を守り抜こうとする姿は昔のままですね。

さて本年の式典ですが、ローデスは彼のDVD、今回のスピーチを見て思うのがアスリートというよりもエンターテイナー色の強い人ですね。観客参加型の状況を造りだすのが上手いと思います。ソフトウエアな面で、労働者階級キャラのオースチンもエンターテイナー型だったザ・ロックも彼のものをを部分的に最新版にアップデイトさせたのでは?と今となっては思います。
 

ベノワ

 投稿者:otopon  投稿日:2007年 6月26日(火)13時55分13秒
  クリス・ベノワ死亡のニュースを、さきほど友達の電話で知りました。
ご冥福をお祈りします。
 

レンタル掲示板
/18