投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


春二番

 投稿者:坂田すらちん  投稿日:2017年 2月22日(水)02時23分28秒
  Staff Sさん&ザジフィルムズの皆さん余寒お見舞い申し上げます。
今年もよろしくお願いいたします。
2017年も、ステキな映画を!
 

そしてこの10月で、丸28年(@_@)

 投稿者:Staff Sメール  投稿日:2016年 7月25日(月)11時40分21秒
  「ご無沙汰しております」がすっかり常套句となってしまいました。
5か月ぶりの書き込みです。
会社のアカウントのツイッターは、若手の宣伝スタッフに任せているので、
私の出る幕はここだけ(笑)。引き続き、ひっそりと続けてまいりますので、
何卒よろしくお願い申し上げますm(__)m

>S&G様
お久しぶりです!私もレス入れ、緊張します(笑)。
『木靴の樹』、ご覧くださり誠にありがとうございました!
3時間以上ある映画なので、今の時代なかなか集客は難しいのかな、と思っておりましたが、
メイン劇場の岩波ホールさんでのヒットを皮切りに、
全国各地でご好評を頂いております。嬉しい限りです!

『人生はマラソンだ!』、『カプチーノ~』もご鑑賞ありがとうございます!
9月からの『ジャニス』以降は宣伝作を一本はさんで、2月に珠玉のクラシック作品の配給、
そして5月には、ザジフィルムズ2017年最大の勝負作(笑)をお届けする予定です。
引き続き目が離せません(笑)。
 

『木靴の樹』@長野ロキシー

 投稿者:S&G  投稿日:2016年 7月18日(月)22時47分47秒
  久しぶりに書き込むので緊張する(笑)

『木靴の樹』を長野ロキシーで観て参りました。
何度、素晴らしいと書いても足りないくらい感動しました。

これは配給したザジフィルムスさんも褒められるべき(笑)

船でミラノに向かうシーンは、ため息がでるくらい美しいですね。
『木靴の樹』という題名も納得できました。

書き込みはしませんでしたが、長野ロキシーさんで『人生はマラソンだ!』と
『カプチーノはお熱いうちに』も観てますからね。
近々出るらしい、『ジャニス』のサントラも買いますよ。
 

もうすぐ春ですが

 投稿者:Staff Sメール  投稿日:2016年 2月24日(水)13時09分1秒
  今年もよろしくお願いしますm(__)m
27度目(@_@)の春を迎えるザジフィルムズ、
いよいよ来月、3月26日?からはエルマンノ・オルミ監督の代表作『木靴の樹』が
岩波ホールで公開となります!どうぞお越しください!

>5月一號様
昨年7月の書き込み、そのままになってしまって申し訳ございません!
もうこちらにお寄りになることもないでしょうか?
前売り券、カラーコピーだとがっかり、お気持ち良く分かります。
が、どちらの劇場も運営が大変なのもお分かり頂けると有り難く思います。
我々も全国どこの劇場でも満席になるよう、頑張って宣伝していきたいと思っております!

>坂田すらちん様
三寒四温、体調崩していらっしゃらないでしょうか?
遅ればせながら、今年もよろしくお願いします!
今年は来月の『木靴の樹』リバイバル公開の後、6月にアメリカ映画の宣伝、
初秋にジャニス・ジョプリンのドキュメンタリー映画の配給、
11月にアメリカ映画の宣伝、というスケジュールです。
その間、今年はルキーノ・ヴィスコンティ監督の生誕110年のメモリアルイヤーなので、
5月に『ルートヴィヒ』、秋口に『若者のすべて』を提供して、
他社さんに配給して頂きます!

あ、そうだ!来月、東京・目黒シネマで、3日間だけですが、
『サヨナラCOLOR』も35mmプリントで久々に上映されます\(^o^)/




 

スミカスミレ

 投稿者:坂田すらちん  投稿日:2016年 2月 5日(金)00時13分15秒
  Staff Sさん&ザジフィルムズの皆さん余寒お見舞い申し上げます。
今年もよろしくお願いいたします。
2016年も、ステキな映画に出逢えますように!
 

カラーコピー

 投稿者:5月一號  投稿日:2015年 7月28日(火)10時51分36秒
  お世話になります。
「共犯」全国公開とてもうれしいです。
喜び勇んで前売り券を買いに行ったところ
なんとカラーコピーに劇場印が押されていました。
この映画館は経費削減のために「安く見せてやるんだからいいだろ」的考えで
行っていると思うのですが、見る方はただ安く見られるがために前売り券を
買っているわけではないのです。
せっかく御社がデザインして作っていただいた前売り券を持って観に行く日を
指折り数えて待つ楽しみが奪われました。
御社BBSにこんなこと書くのは筋違いですが、こういう行為をする映画館が
御社の大切な映画を上映することに対するお詫びと抗議を込めて書かせていただきました。
残念ながら地元での劇場鑑賞はあきらめます。
申し訳ありません。
 

ご無沙汰しておりますm(__)m

 投稿者:Staff Sメール  投稿日:2015年 7月14日(火)17時56分38秒
  最後にレスを入れたのが、去年の3月ですから(@_@)
ご無沙汰にもほどがありますね。申し訳ございません!!!

>新井様
大変ご無沙汰しております。
弊社の社長、元気です。皆様、お元気ですか?
メールさせて頂きますね!

>クロロ様
お返事せぬまま申し訳ございません!
もうこちら、ご覧になる機会なくなってるかもしれませんが…
「Still Life」は、もしや「おみおくりの作法」という邦題で
公開されたイギリス映画ではないでしょうか?

>坂田すらちん様
寒中お見舞いのレスが、暑中お見舞い…。申し訳ございません!
今年は、来週台湾映画『共犯』が公開、
9月にはイタリア映画『カプチーノはお熱いうちに』が公開になります。
『共犯』は、主題歌がflumpoolなんですよ!


 

Daisuke Simura

 投稿者:新井聡メール  投稿日:2015年 7月 6日(月)20時15分42秒
  映画は普通にきょみがあります。が、貴社の社長に非常に興味を持っています。

なかなかお会いできないので最近の発展はどんなものなのかとか知りたくなってきました。
不慣れなITでれんらくしています。届きましたらへんじをください。
いつも結構な品をいただき感謝しています。新井
 

ただの映画好きです。

 投稿者:クロロメール  投稿日:2015年 5月24日(日)08時51分29秒
  いつもHPをチェック?させていただいてます。
ヨーロッパとアジアの映画が大好きです。
日本では公開されないらしい、『Une belle fin/美しい最後』(原題は『 Still life』)この映画。いや~観たいです!そう思いませんか?
ぜひご検討いただければと思います。(急に失礼いたしました)
 

Where's My Potato?

 投稿者:坂田すらちん  投稿日:2015年 2月 2日(月)02時40分2秒
  Staff Sさん&ザジフィルムズの皆さん、寒中お見舞い申し上げます。
今年もよろしくお願いします。
そして、2015年もステキな映画と出逢えますように!
 

こういうイベントって

 投稿者:たくま  投稿日:2014年11月 5日(水)14時05分44秒
  いくらくらいで放映出来るものなのですか?

私もイベントで流してみたいと考えています

https://www.facebook.com/events/719866984728779/

 

『人生はマラソンだ!』まみれです。

 投稿者:Staff Sメール  投稿日:2014年 3月18日(火)19時05分4秒
  BBS、すっかりご無沙汰してしまい、誠に申し訳ありません m(__)m
ツイッター、フェイスブックと次々宣伝媒体が増えている今日この頃、
私のような年齢には対応が…(以下、言い訳略)。
しかしながら、初夏公開の『人生はマラソンだ!』では、餅は餅屋(?)ということで、
がんばってツイッターで連日つぶやき、ランニング日記みたいなブログも始めました。
どうぞよろしくお願いします!
でも、BBSもちゃんと巡回するようにします!

>坂田すらちん様
せっかくお年始のご挨拶を下さったのに、すみません!
って、もう3月も後半じゃありませんか!
東京マラソン、おかげさまで6年連続落選。東京にいたくないので(笑)、
今年は同じ日に「そうじゃ吉備路マラソン」という岡山の大会に遠征していました。
お二人は完走出来たのでしょうか?
『人生はマラソンだ!』、直球ストレートな邦題。『!』に私の気合いを感じてください!

>S&G様
ご無沙汰しております!
『キューティー&ボクサー』、2回もご覧くださったんですね!ありがとうございます!
残念ながらアカデミー賞は逃してしまいましたが、素敵なオスカー・ナイトだったようです。
有司男さん、乃り子さんの授賞式の晴れ姿、テレビ、ネット、どこかでご覧いただけましたか?

>cp様
お戻しが遅くなって申し訳ありません!
「映画で世界を変えようとした男」!直さなくては!HPのバー、とのことですが、
探しても見当たりません。どこでしょうか?
 

タイトルについて

 投稿者:cp  投稿日:2014年 3月 5日(水)23時51分20秒
  マンガで世界を変えようとした男のHPバーが
「映画で世界を変えようとした男」になっております。
修正お願い致します。
 

人の誘いを断る方法を忘れちゃって

 投稿者:坂田すらちん  投稿日:2014年 2月22日(土)17時55分56秒
  Staff Sさん、明日は東京マラソンですね!
ビッグママの金井君&リアド君が出ます。
30575と30560です。
ちなみに、表題は金井君の言葉です。
『人生はマラソンだ!』って、タイムリー!
そして、ストレートですね~。
楽しみにしています。
 

大雪でも観る『キューティー&ボクサー』

 投稿者:S&G  投稿日:2014年 2月 9日(日)23時48分45秒
  久しぶりに書き込んでみます。最近、スマホデビューしました。(笑)
長野市でも2月から『キューティー&ボクサー』が公開されてますよ。
初日と大雪の昨日と2回観に行って、2回とも気持よ~くK.Oされてきました。

あの夫妻は見てて飽きませんね。最後に流れる曲は好きでたまに聞くんですけど、
これからはあのシーンが頭に浮かぶんでしょうね。本望。

アカデミー賞の発表も楽しみですね。関係者はそうでもないんでしょうかね?(笑)


 

牛も千里、馬も千里

 投稿者:坂田すらちん  投稿日:2014年 1月31日(金)19時19分19秒
  寒中お見舞い申し上げます。
Staff Sさん&ザジフィルムズの皆さん、今年も
よろしくお願いいたします。
2014年もステキな映画と出逢えますように!
 

2014年!

 投稿者:Staff Sメール  投稿日:2014年 1月14日(火)11時18分30秒
  寒中お見舞い申し上げます!

『キューティー&ボクサー』で幕を開けました2014年のザジフィルムズ。
3月には風刺漫画で有名なアーティスト、ラルフ・ステッドマンのドキュメンタリー
『マンガで世界を変えようとした男』を公開、
5月公開の宣伝作、日本映画『百瀬、こっちを向いて。』もいよいよ本格始動です!
25年目を迎えたザジフィルムズをどうぞよろしくお願いします!

>川合元様
すっかりレスが遅くなってしまい、申し訳ございません!
元気のいい、大きな文字で書かれた履歴書のお名前、しっかり憶えています!
作るほうを目指されていたんですね。
グランプリ&スタッフ賞、受賞おめでとうございます!
作品の完成、楽しみです!
 

ご報告

 投稿者:川合元メール  投稿日:2013年11月30日(土)16時13分31秒
  Staff Sさま

いつもお世話になっております。
『幸せになるためのイタリア語講座』が大好きで、
映画を「心の栄養」として生きて、はや36年の男です。
……覚えていらっしゃいますでしょうか??

実は、さる11月24日に行われました『伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞』におきまして、
私の脚本『捨て看板娘』が、短編の部グランプリ&スタッフ賞をいただきました。
http://www8.wind.ne.jp/isama-cinema/

この作品を機に、本格的に映像作家としてデビューさせていただきます。
何度もくじけそうになりましたが、夢、諦めないで、本当に良かったです。
来年の映画祭で初上映となります。良かったら観に来てください。
それでは、失礼致します。
 

気がつけば、今年もあと40日!

 投稿者:Staff Sメール  投稿日:2013年11月22日(金)11時07分29秒
  すっかりご無沙汰してしまいました。
まだこちらを覗いてくださっている方がいらっしゃるかどうか…
という状況ではありますが、とりあえず近況ご報告。

9月公開の台湾映画『あの頃、君を追いかけた』、おかげさまでスマッシュヒット!
只今、都内ムーブオーバー上映中、全国順次公開中です!
11月3日にスタートした『フランス映画の知られざる巨匠 モーリス・ピアラ』も
シアターイメージフォーラム渋谷にて好評開催中。こちらは11月29日までです!
そしてそして、12月21日からは現代芸術家 篠原有司男さんと奥様乃り子さんを描く
疾風怒濤(笑)のドキュメンタリー『キューティー&ボクサー』がいよいよ公開です!

来年3月公開の作品の配給、5月公開の邦画の宣伝、6月の“ザジ隠れ25周年”勝負作!
と、2014年上半期のラインアップも準備に入っています。
そんなこんなでドタバタしているうちに、今年もあと40日あまり。
25年目を迎えたザジフィルムズを、どうぞよろしくお願い申し上げます!

>みなとかおる様
4ヶ月以上を経てのレス、大変申し訳ございません!
上記のとおり、今夏の『ヒロシマナガサキ』再上映以降も、
バラエティに富んだ作品群を手がけさせていただいてます。
宣伝を担当したフランス映画『タイピスト!』も、8月の公開から3ヶ月かけて
先日めでたく興収1億円を突破です!
これからも“今の時代だからこそ”な映画、“時代を超えても”輝き続ける映画(照)を
皆様にお届けしたいと思います!よろしくお願いします!
 

大丈夫じゃよ

 投稿者:みなとかおる  投稿日:2013年 7月16日(火)11時26分4秒
  >Staff S様
猛暑お見舞い申し上げます。
『ヒロシマナガサキ』の監督(日系の方)さんが「原爆が日本に落とされた後、
被爆者に対する差別が日本人の中であったことを知りショックを受けた。」
とおっしゃっていたのが印象的です。
原発事故が起きてからの日本も同じような差別の問題があるのでは
ないでしょうか?

再上映は時宜を得たもの!
 

『ヒロシマナガサキ』7月20日より再上映!

 投稿者:Staff Sメール  投稿日:2013年 7月11日(木)18時41分16秒
  2007年に公開されたドキュメンタリー『ヒロシマナガサキ』が、
7月20日より岩波ホールにて再上映されます!
リンダ・ホーグランド監督作『ひろしま -石内都・遺されたものたち』と
同時上映(各回入替制です)。初日には11:30からの『ひろしま~』上映後、
ホーグランド監督の舞台挨拶も予定されています。ぜひご来場ください!

>みなとかおる様
お暑ぅございます。
妄想大暴走!大丈夫ですか?(笑)
「シャツの裾がだらしなく出ている」というタイプの
男性に母性本能をくすぐられる、という女性っていますよね。
しかし「だらしなく出ている」だけじゃダメなんですよね。難しいです(笑)。
 

goofsでもなんでもいい!妄想止まらず!

 投稿者:みなとかおる  投稿日:2013年 7月 5日(金)17時07分42秒
  >Staff S様
そう、カッチョいいんです。二人とも。背が高い方は
ちょっと歯が痛くなって顔をしかめても、「どうしたの?」と
女性がわらわらと寄ってくる感じ。
平均身長の人は、パスタを服に、ちょっとこぼしたりすると
「あらあら、ジョバンニ、だめじゃないの!」と
ハンカチで拭いてあげたくなるマンマ本能くすぐりタイプ。
DVDになって、あんまり見つめていたら、画面から
出てきそうで、どうしましょう(笑)!

 

2013年下半期に突入です♪

 投稿者:Staff Sメール  投稿日:2013年 7月 3日(水)19時02分19秒
  アッという間に2013年も半年が過ぎ、下半期に突入しました。
弊社は今月から配給作、宣伝作が毎月公開されるので、スタッフ大忙しです。

7月20日からは岩波ホールで『ヒロシマナガサキ』の再上映、
8月17日からは宣伝作『タイピスト!』(フランス映画祭で観客賞獲りました!)、
9月14日からは台湾大ヒット作『あの頃、君を追いかけた』、
10月下旬予定で、イメージフォーラム渋谷で“モーリス・ピアラ特集上映”。
随時、弊社サイトに作品詳細を載せていきますので、どうぞよろしくお願いします!

>みなとかおる様
前回のコメントにお返事を入れなくては!と思っているうちに、
また頂いてしまいました。申し訳ありません!
『ローマでアモーレ』、おかげさまでヒット!全国で大好評上映中です。
ご覧下さりありがとうございます!
で、その“若い男性2人”。気づきませんでした。
“理想の容姿?”ってことは、結構カッチョいい風貌で目立つ、ってことですよね?
もしかして編集で生じた、いわゆる“goofs”なのでしょうか?
DVDが出たら、ストップモーションでチェックしてみます!
 

『ローマでアモーレ』通行人の謎

 投稿者:みなとかおる  投稿日:2013年 7月 3日(水)01時05分17秒
  >Staff S様
先日、「ローマでアモーレ』、鑑賞して参り
ました。
映画のとっても細かいところ評論家の私としては、ラスト近くでレオポルドが騒ぐシーンで、通りをがちがちに緊張して歩いてくるエキストラの若い男性2人が気になりました。しばらくして同じ2人が、必要性が低いのに後ろ姿で歩く場面があったからです。もしかして、これは、ウッディ・アレンの青春の理想の容姿だったりして?
と想像して、悶絶^_^!
 

フライヤーを

 投稿者:みなとかおる  投稿日:2013年 6月15日(土)11時05分18秒
  >Staff S様
お帰りなさい。(遅すぎ!)
立川で某『く○づけ』を見たおりに
『ローマでアモーレ』のちらしを持って
きました!
ありがとうございました。
 

『ローマでアモーレ』大ヒット上映中!

 投稿者:Staff Sメール  投稿日:2013年 6月12日(水)18時45分55秒
  弊社宣伝作品『ローマでアモーレ』の上映が、先週土曜日から順次始まりました!
ウディ・アレン監督がお贈りする、可笑しくて楽しい、旅ごころ誘われるコメディ。
久しぶりにウディ自身も出演するほか、エレン・ペイジ、ジェシー・アイゼンバーグ等
活きのいい若手俳優、アレック・ボールドウィン、ジュディ・デイヴィス等ベテラン陣、
そして、『ライフ・イズ・ビューティフル』のロベルト・ベニーニという豪華キャスト!
梅雨空の鬱陶しさも吹き飛ぶことうけ合いです!ぜひご覧下さい!

…ということで、宣伝おしまい(笑)。
カンヌから戻って半月ちょっと。いまだ時差ボケ(長過ぎ!)のStaff Sがお送りしました。
 

『孤独な天使たち』、いよいよ明日!

 投稿者:Staff Sメール  投稿日:2013年 4月19日(金)12時48分55秒
  弊社宣伝作品、ベルナルド・ベルトルッチ監督最新作『孤独な天使たち』が、
いよいよ明日20日(土)より、シネスイッチ銀座、川崎チネチッタ、小田原コロナで
公開されます!本日の朝日新聞夕刊には、ローマの自宅で行われた監督インタビューが
掲載予定。広告には坂本龍一さん、加藤登紀子さんがコメントをお寄せ下さっています。
こちらもぜひチェックしてください!
皆様のご来場、心よりお待ち申し上げております”

>みなとかおる様
レスがすっかり遅れてしまいました。
その間、カンヌで行われていたテレビ番組見本市MIP-TVに出張したり、
見本市開催前日には、パリマラソンを走ったり(笑)していました。
『黒龍江への旅』、未読ですが、読まなくてはいけませんね。
『岩波ホールと《映画の仲間》』は読みました!高野さんの偉業に敬服するばかり。
私もまだまだひよっ子。「疲れた」とか「しんどい」とか愚痴らず、頑張らなくては!
 

ベルトルッチよりも先に

 投稿者:みなとかおる  投稿日:2013年 3月29日(金)02時15分59秒
  >Staff S様、
こんばんは。『黒龍江への旅』やっと読了しました。
偉くて、遠いと思っていた高野悦子さんが大変身近に感じられました。
私は本州を「内地」と呼ぶ北海道の港湾都市に生まれ
祖父は、土木建設関係の店を始め、
親戚には国鉄で働く人が多かったからです。
高野さんのお父様の満鉄での鉄路建設の成果の恩恵を
いただいていることと思い、感謝いたしました。
新刊の『岩波ホールと≪映画の仲間≫』という著書も入手しました。
日本を異邦としてとらえる視点を持った方の残したものがこれからも
沢山の方に伝わっていきますようにと願ってやみません。




 

『最初の人間』上映素材に関しまして。

 投稿者:Staff Sメール  投稿日:2013年 3月27日(水)14時12分53秒
  >デジタリアン様
『最初の人間』、ご覧下さりどうもありがとうございます。
また上映環境に関するご意見、どうもありがとうございます。
ご覧頂いた神戸の劇場さんは、ブルーレイでの上映をしております。
HD素材からダイレクトにおとしたブルーレイなのですが、
ご満足いただける画質で、ご覧いただけず申し訳ございませんでした。
今後、他作品も含め、弊社ホームページで各劇場の上映形態に関しましても、
情報を掲載するよう努めてまいります。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
 

最初の人間 in 低画質(怒)

 投稿者:デジタリアン  投稿日:2013年 3月27日(水)03時07分47秒
  『最初の人間』、神戸にて観賞いたしました。
非常に残念なことに、DVD、もしくはSD素材による上映でした。
その旨が公式サイトや劇場サイトに明示されておらず、不誠実なものを感じます。
断っておきますが、私はフィルム絶対主義者ではありません。
DCPやHD画質での上映(ミニシアターなどの小スクリーンであればブルーレイでも)は、
たとえフィルム撮影された作品でもオリジナルのフィルムの質感が、35㎜プリントよりも感じられると思っています。
フィルムでの上映では、プリントに使用されたフィルムの粒子がオリジナルの質感を損ねていると思います。
さらに、35㎜映写機のレンズもけっしてクォリティの高い物ではありません。
実際、『最初の人間』もフィルム撮影でありながら、最近の映画の御多分にもれず、
デジタル・インターメディエイトとよばれるプロセスを経ているので、
HDクォリティである1920×1080のデジタル上映のほうがむしろ製作者の意図を忠実に反映していると考えられます。
上映が始まった時には、まさかの低画質に、しばらく内容に入って行けませんでした。
作品そのものはとてもよかっただけに、今でも残念な思いが消えません。
 

/39